日向建設

体感温度


人が生活している時に、今日は寒いとか暖いとか感じるのはどうしてでしょうか。それは自分自身の体が温度を感じているからです。朝エアコンの設定温度を高くして、急速暖房で室温をどんどん上げても、なかなか暖かさを感じません。エアコンで暖められた空気は床や壁・天井・椅子・テーブル・家財道具にどんどん熱が奪われてしまい、人が暖かさを感じるようになるには、床・壁・天井・家財道具等が室温と同じ位暖まらなければ、感じないのです。室温を26度、床や壁・天井・椅子・テーブル・家財道具等の平均温度をMRTといいますがそれが8度だとします。26度+8度を2で割ったものを体感温度と言い、この場合の体感温度は17度です。それでは室温20度MRTが20度の場合の体感温度は20度になり、26度の室温に時より体感温度は上がります。


要するに室温が幾ら暖かくても、部屋の周りに有る物の温度が低ければ体感温度は上がらず、気持ちの良い環境にならない訳です。ホテルの様に24時間空調管理されている所の室温は、案外低めに設定されています。家作りの基本は、暖まった部屋を冷まさない工夫が必要で、サッシ・ガラス・断熱材・暖房の方法にこだわった作り方が当たり前の時代になりました。


スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

壁の蓄熱



夏、家の中が熱くなり、熱帯夜の時などは寝汗をかいてたまらない経験をお持ちだと思います。風の無い日などは窓を開けても涼しくならず、眠気と暑さの戦いに疲れ体力を落としてしまいます。昔の家の外壁は板で作られていましたが、現在はモルタルやサイディングで作られることが多く、それが暑さの原因の一つになっています。夏の強い日差しを受けた2~3㎝塗られたモルタルは、しっかりと熱を蓄えます。特に西日が当たる部分は手で触れないくらい熱くなり、日が沈んでもジワジワ熱を出し続けるのです。


バケツに入れた水はひっくり返せば無くなりますが、モルタルに蓄熱された熱は輻射熱として長時間出し続けます。断熱性の悪い壁の場合、室内側の石膏ボードを温め、壁一面から輻射熱が放出されます。その結果部屋の温度が上がってしまい、外気温より部屋の温度の方が高くなってしまうのです。


外壁の温度を上げない工夫として西日除けのオーニングや大きめの植物・ゴーヤ・朝顔等の植物もいいと思います。しかし一番いい解決方法は断熱材を性能の良い物に変える事です。夏涼しく過ごせる家は冬には暖かく過ごせる家になります。性能の良い家に暮らすと幸せな気持ちで一年中過ごせます。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

暑さ対策



本格的な夏がきます。家の中に居ても部屋の温度はグングン上がり窓を開けると外の騒音が気になってどうしてもエアコンに頼らなければならないのが現実でしょう。家の中が熱くなる訳は、屋根に受けた太陽熱が天井裏に貯まりジワジワ下の部屋に伝わってくるからです。また西日等が外壁に当たり壁その物を暑くしています。それに太陽熱がガラスを通して部屋に入り、温室の様に中を暖めるから部屋の温度がグングン上がるのです。


解決策はあります。天井裏に断熱材をしっかり敷き込みます。一番お勧めはセルロース断熱で、基本的に単独の工事で済みます。壁からの熱を止める方法は色々ありまして、外壁若しくは内壁を取って性能の良い断熱材を入れる方法か、今ある外壁の外側にもう一層外壁を増やす方法です。ガラスから入って来る熱を止める方法は、アルミサッシ全体を取り替える方法で、樹脂製のサッシにペアガラスのLOW-Eタイプに変更する方法です。若しくはガラスだけをペアガラスのLOW-Eタイプに変える事も出来ます。


費用や工期の問題も有りますが、建て替えなくても充分快適に暮らす方法は幾らでもあります。安さだけを売り物にしている業者にはこんな知恵や工夫は出来ません。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

結露は止まる



結露が発生には二つのタイプがあります。冬型結露と、梅雨型結露です。梅雨型結露は春先から夏にかけて、降雨による水分の供給が豊富で湿度100%に近い状態で発生する結露です。これは期間も短いですし、雨が降れば必ず発生する訳でもありませんので、建物を痛めるほどの事ではないと考えられます。


問題は冬型結露で、暖房の為に石油ストーブやガスストーブを使って部屋を暖める訳ですが、石油やガスが燃焼すると水と二酸化炭素に分解されます。窓も閉め切ってありますので人の呼吸からも水分は発生しています。室温も25度以上あり、何しろ冬場の建物の内は水蒸気で一杯です。夜になり睡眠する時は、暖房のスイッチは全て消されます。布団の中は温かいのですが、冬場の明け方は5度前後にまで室温が下がります。25度以上で空気中に漂っていた水蒸気は、5度前後に下がった室内では空気の中に漂っていることが出来ずに必ず結露に変わります。


ガラスの表面だけでなく、壁の中でも結露が起きています。建物を傷める結露が暖房をしている期間毎日起こっています。解決策は簡単で、家の中の温度を一定に保つことが出来れば結露は起きません。マンションでも結露は止められます。作り方が難しいだけです。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

住宅を何処に建てるか


家を建てる時何処に建てたら良いかと土地を探すほど余裕がありません。通勤の便や金額を考え殆どの人が土地を買います。家は完成すると相当の重さがあり、それを支える基礎は丈夫でなければ傾いてしまいます。


しかし大事なのは基礎のコンクリートの塊を支えている地盤なのです。地盤が軟らかければ地震等で揺れるたびにコンクリートの塊ごと傾いてしまいます。昔から有る地名は開発がされる前の自然の地形や植生に由来する事が多いので、敷地付近の地名を調べる事で地形を知る事が出来ます。地名に水・田・沼・谷・蓮・葦・鶴・亀・鵜・鷲・沖・浦・洲・橋・船・堀・堤等が入っている場合軟弱地盤である可能性が高いと思われ、逆に山・岡・台・石・岩といった文字を含む地名は比較的良好な地盤だと予想ができます。昔からあるお寺や神社・古い農家の屋敷付近等は比較的良さそうです。山を崩して造成された雛段式の宅地は奥の土を削って前に盛り土している事が多いので注意が必要です。


私が家を建てる時は必ず地盤調査をします。そして殆どの場合地盤改良を勧めます。方法は幾つかありますので選択して、安心できる地盤の上に丈夫な基礎を作り家作りを進めています。見えない所にお金が掛りますが家作りの要は地盤・基礎から始まります。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ