日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在来軸組木造住宅について

家を造る方法には、コンクリート系・鉄骨系・プレハブ系・木造系といろいろあります。静岡大学・農学部の研究報告によると、木・金属・コンクリート三種類のケージ(試験箱)によるマウスの子供の生存率を調べた結果20日後では、木90%・金属40%・コンクリート13%という結果が出ています。

耐久性の問題でいうと、宮大工で有名な西岡常一さんは、コンクリート50年・木1000年と言っています。法隆寺に代表される神社仏閣は、築500年~1000年経った今でも立派に残っています。コンクリートは劣化がはじまると補修が難しく、公共建物でもわずか数十年でどんどん取り壊されてしまいます。

世界各国の住宅の耐用年数を見ると、イギリス141年・アメリカ103年・フランス86年・ドイツ79年・日本は30年となっています。住宅金融公庫の調査によると築21年から25年の間に立て替える人が最も多いそうです。

シックハウスの問題も重要で、ハウスメーカーの中には、価格を低くおさえる為に大量の新建材で固めた家を造ります。それで高気密・高断熱です。毒の入ったペットボトルの中で、フタをして生活しているようなものです。極寒の地なら別ですが、神奈川県あたりで、ペットボトルハウスが本当に必要なのかと疑問に思います。

日本の風土で永い間受け継がれ、改良を重ねながら進化し、地元の職人さん達が守ってきた在来軸組木造住宅をおすすめ致します。ハウスメーカーの洗脳広告や営業トークには、慎重に!
スポンサーサイト

住宅の基礎について

一般的に家の基礎と言っても色々な方法があります。

昔は、家自体が平屋でそんなに重くなかった為、大きめな玉石を置いてその上に土台を廻した簡単な基礎でも施工上問題はありませんでした。今では最低でも、中に鉄筋の入った構造の布基礎といわれる工法で施工します。家の外周をぐるりとこの基礎で作る訳です。

しかし、よほど地盤が固いとか、平屋建てでない場合は、どうしても基礎に割れやヒビが入ります。まして、地震の時の揺れや車の振動等、日常的にも地盤に影響を与え続けています。

また、開発された造成地などは盛土されている場合が多く、基礎よりもずっと下方の土が、家の重さや振動・雨水の浸透等によって圧縮され、基礎のコンクリートが壊れてしまう事も多くあります。それでは、丈夫な基礎を作るにはどうしたらいいでしょうか。

先ず地盤の調整から始めます。簡易式ながら地下10m位まで調べられる方法があり、費用は6~7万位です。もし軟弱地盤という事であれば改良工事をします。方法は、基礎の設計を変更する・土を入れ替える・セメントの注入、または、杭を打ち込む等です。

良好な地盤の場合でも布基礎ではなく、ベタ基礎にします。家を建てる部分の地盤全体をコンクリートの盤にする方法です。生コンの圧縮強度も二百十?以上で、鉄筋は異形13?を上下Wに施工し、コンクリート厚は、二百五十?以上がいいでしょう。 仕上げ材や見栄えばかり熱心に説明する展示場の係員には、あまり興味の無い授業でした。

家の暖房について

家の暖房方法には色々あります。まず、いろり・火鉢・こたつ・ストーブ……など部分的に暖める方法です。ひと昔前の家は、間仕切りがなく、火の周りに人が集まって暖をとっていました。それが石油ストーブの発達と安定的な価格で石油が手に入るようになりました。その結果、部屋を小さくして、その中の空気を石油ストーブで直接暖める方法に変わって来たのです。

この現象は、日本が近代化して行く過程で仕方がなかった事だとは思いますが、結果的に家の中にかなりの温度差を作ってしまいました。この温度差がお年寄りにかなり負担になっているようです。暖かい居間から急に暖房のないお風呂場に裸で入り、事故になるケースが家庭内事故で一番多いのです。
(「ヒートショック現象」)

これからの家の暖房方法は、間違いなく床暖房です。それも各部屋ごとに暖めるのではなく、その家全体の床を暖める床暖房が主流になるでしょう。

床下にコンクリートの蓄熱層を設け、その輻射熱二十四時間暖房する方法です。

似たような方法で、暖かくした空気を家中循環させる方法もあるようですが、この方法では、新建材などから出る有害物質やハウスダストなど、汚れた空気を家中に撒き散らしてしまう事になります。

コンクリートの蓄熱層を暖める原料は、太陽です。自然エネルギーを利用した、エコロジーな生活を楽しんではいかがですか。

白アリ駆除について

先日、鎌倉マイホーム学院二期生の方が中古住宅を購入しました。『リフォームしたいので見て貰いたい』との依頼があり、さっそく現地に行き内見しました。

築二十五年程、注文住宅で建てられたなかなか趣のある家で手入れも行き届いていました。ところが、床板をはがし、点検してビックリ!布基礎が60?位壊されているのです。よく見ると他にも壊されている所が数ヵ所ありました。調べてみたら白アリ業者が原因だと解りました。

白アリ駆除の薬剤をまく時、人が通れる巾を確保する為に作った通路だったのです。確かに白アリは駆除されたかもしれませんが、家にとって一番大事な基礎を何ヶ所も、傷つけ壊されてしまっていたのです。

白アリの餌はしっけた木材です。そのてんベタ基礎は湿気が無く、木片などのゴミがなければ、白アリは住めません。

ゴキブリや白アリが死んでしまうほど強い薬をまくこと事態、人間の体に良いわけがありません。特に赤ちゃんは床をはって育つ事を忘れていませんか。子供を安心して育てられないような住宅環境は、見過ごすわけにはいかないと考えています。

是非一度、床下の点検をお勧めします。時期としては、梅雨前の今が一番ベストだと思われます。

このお宅は現在、耐震補強工事を含めた基礎の補強とリフォームの打合せを進めているところです。プレハブや大手ハウスメーカーにはない、自然を活かした暮らし方を提案します。

耐震補強について

阪神・淡路大震災を経験して、早いもので7年目に入りました。あの時は、地震の怖さを思い知らされ、あわてて家具の転倒防止金物を取り付けた人も多かったと思います。

住宅そのものの耐震補強については、震災の経験をふまえ、法改正がされました。

耐震補強について阪神・淡路大震災では、住宅の土台から柱が引き抜かれてしまったり、筋違いが少ないあるいは筋違いが無いなどの理由で、倒壊してしまった家が多かった為に改正されたもので、『土台と柱のキン結と筋違いなど金物での補強』という内容です。この改正はこれから新築する家に対して義務付けられるものです。しかし、古い家はどうしたらいいのでしょう…一般の金物屋さんでは手に入らない品物ですが、土台と柱をキン結する後付け金物もあります。

また改装で新築と同じ強度の壁にする方法もあり、建替えをせずにしっかりと耐震補強をしている家もたくさんあります。“補強しないと危険ですよ”と恐怖心をあおり必要のない高額な工事を押し付けたり、小屋裏に不必要な金物をたくさん取り付けたりと悪質な業者も多くいます。

耐震診断を受けて結果が悪く悩んでいる人やあきらめている人は、耐震補強の理論に基づいた改修工事をする事をお勧めします。

補強方法は、『建設省住宅局』の監修した正式な方法がありますのでご相談ください。家を建替えると大量なゴミが出ます。使える資源は大切に、そして上手に使っていきたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。