FC2ブログ
日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装について 石・タイル編

今月のおすすめコラムは「内装について 石・タイル編」(2014年3月17日)です。冷房はエアコンでするのが一番いいと思いますが、暖房は床から暖める蓄熱式床暖房が一番いいと思います。
http://www.hyuuga.co.jp/kaiteki/kaiteki_20.html
スポンサーサイト

地盤改良

今月のおすすめコラムは「 地盤改良」(2012年7月25日)です。家を建てる時一番気を付けなければならないのが地盤です。
http://www.hyuuga.co.jp/kaiteki/kaiteki_04.html

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

内装について 床板編

今月のおすすめコラムは「内装について 床板編」(2014年1月19日)です。
予算の問題もありますが基本は無垢材です。本物の持つ味わいは他に勝るものは有りません。

http://www.hyuuga.co.jp/kaiteki/kaiteki_18.html

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

断熱材について

今月のおすすめコラムは「断熱材について」(2013年10月18日)です。セルロースファイバーは家の性能を著しく高くする断熱材で、防火性、防虫・防カビ性、調湿性、防音性の4つの特徴があります。
http://www.hyuuga.co.jp/kaiteki/kaiteki_16.html

地震対策  制震補強工事


住宅が地震の揺れに対して少しでも長く耐えられるように、色々な方法が考えられています。法律では震度6強で、一回の揺れで建物が壊れない様にする事を目標としています。地震の揺れの大きさは震度階数で表し、10段階で0から始まり震度7が最高値です。6強を超える揺れは無制限に震度7となります。


地震対策の方法として、一般的考えられたのが耐震住宅で、揺れに対して真っ向勝負のガチンコ対決、力で耐える方法でした。建物の剛性を高めますが振動時に剛性が低下します。一方高層ビル等に採用されている免震装置を住宅に取り入れた免震住宅は、基礎と土台の間にボール等をはさみ、地震の揺れを建物に伝えない仕組みです。費用的にもかなり高額なものになり、改装工事では採用し難くなっています。


余り知られてはいませんが、制震住宅というものがあります。耐震住宅にエネルギーを吸収する特殊な部品(ダンパー)を取り付けることで、建物にエネルギー吸収力を付加して、振動時にブレーキ効果を高めることで地震で倒れにくい住宅となります。新築は勿論改装工事でも採用でき、費用もそんなに高くなりません。


制震住宅・制震補強工事がこれから木造住宅の地震対策の基本になると考えられています。


テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。