日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震対策  制震補強工事


住宅が地震の揺れに対して少しでも長く耐えられるように、色々な方法が考えられています。法律では震度6強で、一回の揺れで建物が壊れない様にする事を目標としています。地震の揺れの大きさは震度階数で表し、10段階で0から始まり震度7が最高値です。6強を超える揺れは無制限に震度7となります。


地震対策の方法として、一般的考えられたのが耐震住宅で、揺れに対して真っ向勝負のガチンコ対決、力で耐える方法でした。建物の剛性を高めますが振動時に剛性が低下します。一方高層ビル等に採用されている免震装置を住宅に取り入れた免震住宅は、基礎と土台の間にボール等をはさみ、地震の揺れを建物に伝えない仕組みです。費用的にもかなり高額なものになり、改装工事では採用し難くなっています。


余り知られてはいませんが、制震住宅というものがあります。耐震住宅にエネルギーを吸収する特殊な部品(ダンパー)を取り付けることで、建物にエネルギー吸収力を付加して、振動時にブレーキ効果を高めることで地震で倒れにくい住宅となります。新築は勿論改装工事でも採用でき、費用もそんなに高くなりません。


制震住宅・制震補強工事がこれから木造住宅の地震対策の基本になると考えられています。


スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

ガルバリウム


屋根に多く使われている金属の材料です。金属の屋根材には他に、銅版・ステンレス・アルミニウム等がありますが、金額的に割高になるためガルバリウムを薦めています。カラーベストより丈夫でメンテナンスもし易く、和風瓦・洋風瓦と比べ軽量で地震に対しても安全性が高いのが特徴です。価格的にもカラーベストと比べて、それ程大きな違いはないと思います。


雨が降ったときの音の問題ですが、瓦やカラーベストに比べ音は確かに大きくなります。しかし材料の裏に防音・断熱材が貼ってあるものがあり、かなり軽減されます。また今の温熱環境を考えて創られた家は、天井裏や野地下に防音・断熱材がしっかり施工されていますので、気になることは殆んどありません。


また金属板の特徴として上下をハゼという特殊な組み方をしますので、強い台風の吹き上げる風や、毛細管現象で下から上に水が登ってくることが殆んどありませんので、雨漏れし難い構造です。見た目にも横葺きという方法で施工しますので、神社やお寺の銅板で葺かれた屋根と同じように見えとても素敵です。


重なる部分があるので限度はありますが、なるべく厚い材料を使って自分の家の近くの業者に頼むのが一番いいと思います。


テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

建具について

建具には外壁面に接するサッシと、室内で部屋ごとを間仕切る建具とに分かれます。今回は室内の建具について考えてみましょう。室内は引き戸と扉があり、洗面所・トイレのように比較的狭い場所を仕切る場合等、全てを扉にすると使い勝手が悪くなってしまう場合もあり、扉の開き方や引き戸を上手に使ってプランします。


扉は中外での違いはありませんが、引き戸は敷居の関係で中に溝が見えてしまい、少しデザイン性に欠けることがあります。今は敷居の無い引き戸もありますし、壁の中に引き戸を仕舞い込む事も出来ます。


値段ですが、本物の無垢の木を使って作る場合と、合板ベニヤで作る場合とでは物凄く開きがあります。無垢の扉の場合一般的な材料から、タモ・カリン・チークの様な高級木材まで有り、同じ無垢材でも何倍もの開きになります。ヒバ・杉・桧等を障子や格子等に使いますが、育った産地によってこれも値段に開きが出ます。地場の桧と備州の桧では2~3倍の違いがあります。


違いは何かと言われれば、育った地域の気候の関係で、木肌の艶、色合いでしょう。薄くほんの少し桃色がかって見えます。一口に扉といっても目隠しや音を止める機能だけではなく、幸せな気持ちになれる設えなのです。 

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

屋根を葺き替える


家のメンテナンスをする上で雨漏れが一番気になる所です。材木は水に対して非常に弱く、腐るとシロアリの餌になってしまいます。屋根や外壁・窓廻りのメンテナンスは非常に大切な要素で、気を付けていなくてはなりません。


屋根を考えた時カバー工法といって現在ある屋根材の上に新しく屋根材を乗せるやり方が宣伝されていますが、屋根はその仕上げ材で完璧に雨水をとっているのでは無く、下に敷いてある防水シートで最終的に防いでいるのです。費用が安く抑えられるからといって安易な判断は禁物です。


屋根替えの基本は仕上げ材を取り除き、野地板を確認し(二重にする事をお勧めします)防水シートを新たに敷き、それから仕上げ材を葺くのが本来の方法です。


防水シートにも性能があり、昔ながらのルーフィングでも値段によって薄い物から厚い物まであり、性能の良いものはゴムを薄く延ばしたような物まであります。防水シートは値段で性能が分かり易くなっており、耐候性能も値段に比例すると考えていいでしょう。


仕上げ材を何にするかは好みですが、耐震性を考えるとガルバリウムが良いと思います。


宣伝や営業に惑わされる事なく、本当の事を言ってくれる人を探して下さい。


テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

木材の保護について 砥の粉

昔ながらの趣のある日本家屋でも、またここ数十年前に建てられた家の和室でも、何かまだらに白く粉をふいた様な感じの柱や廻り縁を見かけます。桧や杉の無垢材が薄汚れた感じでとてもイメージを悪くしています。住まわれている方達はこんなもんだと思っている様で気にしていません。


実はこの薄汚れた白い粉は砥の粉という物で、正体は土です。奇麗に削られた柱や敷居・木枠は、人の手油が付くと数年後酸化して手の形として黒く浮き上がってきます。折角の木肌が台無しになってしまうのです。その様な事にならないように、奇麗に削った段階で砥の粉という土を塗って表面を保護しておきます。建物が完成する前に水拭きをして奇麗な木肌を取り戻して引き渡しをするものなのです。


ところが何の理由か水拭きをしないで引き渡されたのです。ちなみに濡れ雑巾で柱を磨いてみせると、こんな奇麗な柱だったのかと驚かれる方が殆どです。本来の和室のしっとりとした雰囲気に初めて戻るのです。桧や杉の無垢材は芯から樹脂が染み出してきて、しっとりとした薄い飴色に変わってきているのです。気になる方は濡れた雑巾で柱を拭いてみてください。木材の本来の木肌が蘇るかも知れません。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。