日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠赤外線暖房


本格的な寒さがやってきました。この冬の寒さをどうやって凌ぎますか。エアコンをフル稼働させて空気を温めたり、石油やガスヒーターで化石燃料を燃やし炭酸ガスを沢山発生させますか。


どのみち電気・石油・ガスを使って温めることしか考えてきませんでした。政府の推奨もあり太陽光発電事業が日本中で行われてきましたが、結果どうでしょう、固定価格買い取り制度が成り立たなくなり、発電した電気を電力会社が買い取らなくなりつつあります。当たり前のことで、買う電気より売った電気の方が高ければ、差額は誰が負担しているのでしょう。今後家庭からの売電金額も間違いなく下がり、買う電気代より安くなるはずです。


そんな事をするより太陽のエネルギーでお湯を作る方がもっと現実的で、理にかなっています。家庭で消費するエネルギーの60%以上は暖房と給湯に使われており、その全てを太陽エネルギーで賄うことが出来ます。蓄熱式床暖房は遠赤外線の床暖房ですが、太陽で温められたお湯で暖房する仕組みです。自分の家の屋根で作られたお湯で自分の家の給湯と暖房が出来ます。そのお湯は他に売ったり、お金儲けにはなりませんが本当のエコロジーな生活を手に入れることが出来ます。


スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。