FC2ブログ
日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有料見積もりの薦め


新築工事をする場合は完成した家を見て説明を受けると比較的に解り易いものですが、リフォームの場合依頼者もどの範囲まで解体や造作が影響するのが解り難く、複数社の見積もりを比べても解らないのが現状でしょう。結果金額の安い業者に依頼する事が一般的で想像していた出来具合に不満を持ってしまう事が多くあります。依頼者は相見積もりの方法を勉強すべきです。


適当に業者を呼びつけ口頭で説明しても一度に複数社に説明している訳では無いので、仕様も材料も其々が勝手に決めて見積もりを作成します。業者によっては影響する範囲を抑えて見積もりし後から追加変更を求めることもあります。リフォームは影響する範囲が解り難いので、図面があれば図面を下に無ければスケッチを書いて、仕様・寸法・材質・仕上げの程度をメモにして示し、相見積もりを告げて臨むことが一番好ましい方法です。


よくあるケースで業者は決まっていて、金額が高いか安いかを知りたくて見積もりを依頼してくる方がいます。しっかりした見積もりの作成には相当の時間と手間が掛かります。見積もりは無料でしょうと平然と言われると悲しくなります。その様な場合は有料見積もりを依頼する事をお勧めします。


スポンサーサイト

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。