日向建設

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ対策



本格的な夏がきます。家の中に居ても部屋の温度はグングン上がり窓を開けると外の騒音が気になってどうしてもエアコンに頼らなければならないのが現実でしょう。家の中が熱くなる訳は、屋根に受けた太陽熱が天井裏に貯まりジワジワ下の部屋に伝わってくるからです。また西日等が外壁に当たり壁その物を暑くしています。それに太陽熱がガラスを通して部屋に入り、温室の様に中を暖めるから部屋の温度がグングン上がるのです。


解決策はあります。天井裏に断熱材をしっかり敷き込みます。一番お勧めはセルロース断熱で、基本的に単独の工事で済みます。壁からの熱を止める方法は色々ありまして、外壁若しくは内壁を取って性能の良い断熱材を入れる方法か、今ある外壁の外側にもう一層外壁を増やす方法です。ガラスから入って来る熱を止める方法は、アルミサッシ全体を取り替える方法で、樹脂製のサッシにペアガラスのLOW-Eタイプに変更する方法です。若しくはガラスだけをペアガラスのLOW-Eタイプに変える事も出来ます。


費用や工期の問題も有りますが、建て替えなくても充分快適に暮らす方法は幾らでもあります。安さだけを売り物にしている業者にはこんな知恵や工夫は出来ません。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

結露は止まる



結露が発生には二つのタイプがあります。冬型結露と、梅雨型結露です。梅雨型結露は春先から夏にかけて、降雨による水分の供給が豊富で湿度100%に近い状態で発生する結露です。これは期間も短いですし、雨が降れば必ず発生する訳でもありませんので、建物を痛めるほどの事ではないと考えられます。


問題は冬型結露で、暖房の為に石油ストーブやガスストーブを使って部屋を暖める訳ですが、石油やガスが燃焼すると水と二酸化炭素に分解されます。窓も閉め切ってありますので人の呼吸からも水分は発生しています。室温も25度以上あり、何しろ冬場の建物の内は水蒸気で一杯です。夜になり睡眠する時は、暖房のスイッチは全て消されます。布団の中は温かいのですが、冬場の明け方は5度前後にまで室温が下がります。25度以上で空気中に漂っていた水蒸気は、5度前後に下がった室内では空気の中に漂っていることが出来ずに必ず結露に変わります。


ガラスの表面だけでなく、壁の中でも結露が起きています。建物を傷める結露が暖房をしている期間毎日起こっています。解決策は簡単で、家の中の温度を一定に保つことが出来れば結露は起きません。マンションでも結露は止められます。作り方が難しいだけです。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

住宅を何処に建てるか


家を建てる時何処に建てたら良いかと土地を探すほど余裕がありません。通勤の便や金額を考え殆どの人が土地を買います。家は完成すると相当の重さがあり、それを支える基礎は丈夫でなければ傾いてしまいます。


しかし大事なのは基礎のコンクリートの塊を支えている地盤なのです。地盤が軟らかければ地震等で揺れるたびにコンクリートの塊ごと傾いてしまいます。昔から有る地名は開発がされる前の自然の地形や植生に由来する事が多いので、敷地付近の地名を調べる事で地形を知る事が出来ます。地名に水・田・沼・谷・蓮・葦・鶴・亀・鵜・鷲・沖・浦・洲・橋・船・堀・堤等が入っている場合軟弱地盤である可能性が高いと思われ、逆に山・岡・台・石・岩といった文字を含む地名は比較的良好な地盤だと予想ができます。昔からあるお寺や神社・古い農家の屋敷付近等は比較的良さそうです。山を崩して造成された雛段式の宅地は奥の土を削って前に盛り土している事が多いので注意が必要です。


私が家を建てる時は必ず地盤調査をします。そして殆どの場合地盤改良を勧めます。方法は幾つかありますので選択して、安心できる地盤の上に丈夫な基礎を作り家作りを進めています。見えない所にお金が掛りますが家作りの要は地盤・基礎から始まります。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

体の芯を温める


今年の冬は寒いです(※)。私が作る家は蓄熱式の床暖房の家ばかりですので感じませんが、普通の家に伺いますと足元から冷えて本当に寒い家が多くて驚きます。


体を温める方法はエアコンの様に体の表面を温かく感じさせる方法と、炬燵・火鉢の様に体の芯を温める方法に分かれます。部屋の空気を温めて暖かさを感じるには室温を28度以上にして温かい温風を吹き出させる必要があり、最近は人を感知してその人を温風で追いかける様にしたものまであります。それに引き替え炬燵・火鉢・蓄熱式床暖房は、手先や足の先を温める方法です。


蓄熱式床暖房の床の表面温度は22度~23度位です、これで何故あんなに暖かくなるのでしょうか。心臓から送り出される血液の温度は、その人の体温と同じです。血管を通して送られる血液は冷たい手先・足先迄行って大体30秒弱でまた心臓に戻ってきます。冷たい床で一気に冷やされた血液は足首・膝・腕・腰等の熱を奪いながら心臓に帰ってくるのです。蓄熱式の床暖房は一番冷える足先に血液が行った時、逆に温められて戻るので節節の熱を奪いません。


床や壁・天井の温度が一定に保てる蓄熱式床暖房は体の芯(血液)を遠赤外線で温める理想的な暖房方法です。


(※2月に書かれたコラムです)


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

冷輻射


寒い時季、窓ガラスの近くに行くとヒヤッとします。ガラスから熱がどんどん外に逃げているからです。1枚ガラスの場合外の温度が室内より低いので、ガラスは外の温度と同じになろうとします。結果的に、室内の暖かさを外に逃がし続けるので、窓ガラスやコンクリートの壁の近くに行くとヒヤッとするのです。


コンクリートの建物の壁は冷え切ってしまうと、暖まるまでには相当の時間が掛ります。建物に使われているガラスやコンクリートを人の体温で暖める事は先ず無理で、ホテルや病院が底冷えしないのは24時間絶え間なく暖房をしているからです。


人の体は体温を一定に保つためにエネルギィーを使います、冷たいガラスやコンクリートの近くにいると絶えずエネルギィーを出し続けます。その結果体が芯から冷えてしまい、底冷えを感じるのです。この現象を冷輻射といいます。対策されていない普通の住宅で冷輻射を止めようと思うと、暖房費が物凄く高くつきます。


どうしたら冷輻射を止められるかというと、窓や壁・天井から熱が逃げないようにすればいいのです。性能の良い窓枠とガラス・断熱材、蓄熱式床暖房で少し暖めるだけで暖かさを外に逃がさない家を作ればいいのです。これからの家作りの基本です。


テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。